ホーム |  ログイン
 
コーチ、アバクロなどのブランド物を、なんでも激安個人輸入! お客様に代わり日本へ、アメリカより確実に発送致します。[home link]
為替レート
$1=95.00円
Valid XHTML 1.0 Transitional
ソリューション画像

個人輸入について

近頃はだいぶ良くなってきたアメリカのカスタマーサービス。
でも日本と比べるとまだまだと感じることも多くあります。
そこで、お客様に少し知っていてほしいことを書いてみますので、ちょっと長いですがぜひ最後まで目を通しておいてくださいませ。

1  安いだけが個人輸入じゃない!
2  アメリカ人と日本人の感覚の違い!
3  オーダーからアメリカ配送まで(納期について)
4  日本で発行されたクレジットカードが使えない!?
5  個人輸入をたのしむコツ!
6  大切なショップ選び!
7  オンラインでのクレジットカード利用安全性
8  個人輸入について【必ず一度御確認ください】

安いだけが個人輸入じゃない!

  個人輸入のメリットは、海外の商品を安く手に入る事の他にも色々なメリットがあります。

日本では購入できない商品を入手できます!
最先端のトレンドやファッションをリアルタイムで手に入れるためには直接現地から購入するしかありません。

こだわりの一品を見つける!
アメリカから日本では絶対に入手できないレアアイテムを手に入れください。

ビジネスとして個人輸入を活用!
自分なりのセンスと販売ルートを活用して他店では手に入れることのできない独自の商品を販売します。たとえ単品でも競争力の高い商品は、高収入が可能です。ニッチビジネスとして注目の仕入れルートです。

幅広いジャンルとサイズ選択。
日本の既製品では自分の体型に合わない場合でも、海外の製品には幅広いサイズがあります。
新世代の体型は欧米型に近づいてきました。デザインの種類とジャンルの大きさは日本と比べられないほどです。アナタにぴったりのスタイルとサイズを見つけてください。

商品が届くまでの楽しみ!ワクワク!ドキドキ♪
自分ためだけに地球の裏側から荷物が届く「ワクワク、ドキドキ感」はワンランク上です。

TOP


アメリカ人と日本人の感覚の違い!

  個人輸入で購入するショップの店員はアメリカ人です。

StaRush, Inc. は皆様が各ショップでお買い物されたお荷物を受け取り日本へ配送するのがお仕事です。
お客様は当店でお買い物するのではなく、アメリカのショップからお買い物をされています。当然のことですがアメリカのショップにオーダーするのですから、相手はアメリカ人です。この事を忘れないでくださいね。

アメリカは日本に比べて商品の価格が安いのは確かです。しかしその安さの分「サービス」の部分に反映されているともいえます。優良有名なショップ、デパートなどをのぞき、「サービス」はあまり期待できないとお考えください。アメリカでお買い物するという感覚は日本とはかなり違います。

アメリカ人の売り手側の感覚は、日本での売り手側の感覚と、かなり違います。

オーダーしたのにまだ配送もされていない」「メールの返事がこない」など心配になる事があると思いますが、この機会にアメリカ人の感覚を理解してしまいましょう。

最近はだいぶ改善されてきた気もしますが、まだ以下のように感じるときが多々ございます。

「何でも遅いのがアメリカ」

アメリカと日本では時差があります。ちょうど夜と昼が反対。
これにより対応が即であったとしても、日本から1日遅れてなんでも進行している様に感じてしまいます
また、日本のペースから比べるてしまうと、全ての仕事が「スロー」です。
「迅速さ」を期待するのはやめた方がいいかもいしれません!

「日本人の様に働きません」

アメリカ人の時間の感覚と日本人の感覚はかなりズレがあります。
アメリカ人は残業をしたがりません。きっちり時間内しか仕事をしません。その上、お休みはしっかりとります。日本人の感覚では「すぐにお返事します。」といえば、その日の内、遅れても次の日。しかしアメリカ人の感覚では、早くて次の日。3日くらいは待つのが当たり前とお考えくださいませ。もちろん土日、祭日が入ればそれだけ返事や仕事が延びるという訳です。
1週間後に返事がきた。または、返事が一度も来なかったが商品は届いた。なんて事も珍しくはありません。

「のんびりムードのアメリカ」

特に記載されていない限り、オーダーをしてその日に出荷されるのではありません。オーダーをしてから早くて3日くらい、おそくて2週間くらいして配送されます。 いくらオーダー時にエクスプレス配送を選んでもそれは、配送方法がエクスプレスであり、出荷されるまでの時間が特に短くなるというものとは限りません。(一応ショップ側で急いではくれる様子ですが、あまり当てにしない方が期待を裏切られないのでいいでしょう)

「I'm sorryは言いません」

トラブルがあった場合、アメリカ人は自分たちのミスを認めませんが、しっかり対処すればそれなりの対応をしてくれます。ただし日本のようなサービスは期待はできません。納得ができない事が多々ありますが、これがアメリカではいまだに「普通」です。

「在庫あり、でも在庫なし」

オーダー時には在庫がありオーダーできても納品時にありませんでした。といい何の連絡もなくあるだけの商品を送ってくることはそれほど珍しいことではありません。

意⇒最近では日本以上のカスタマーサービスを提供してくれるショップも多くありますが、これが全てではありませんのでご了承ください。

TOP

 

オーダーからアメリカ配送まで

  アメリカ大陸は日本の25倍!広いんです。

アメリカのショップにオーダーをするのですから、アメリカのペースにあわせませしょう。
アメリカ人と日本人は時間の感覚的なズレがあります。「遅いな」と思っても、それはアメリカでは普通の事であったりします。
オーダーしてから早くて3-5日後、遅いところは2週間後に配送するところもあります。

配送後、トラックは広いアメリカをあちことの各営業所をまわり、他の荷物を降ろしたり、乗せたりしながら配送していきます。1週間も荷物がトラックの中。という事も珍しくはありません。
のんびりと待ってみましょう。もし早く届けば、ラッキーだし、思ったより、遅ければ、まあ、こんなものか。という感じです。

【ショップを配送されてから到着まで1週間くらいかかる場合もあります】
  
なんと!アメリカから日本へ送るよりもかえって時間がかかるんですね。

通常の配送では出荷されてから4−5日は届くのにかかります。アメリカは本当に広い国。配送の手段は主に、トラックでフリーウエイをひた走り、または貨物列車にてのんびり東から西へ向かいます。その間いくつかの配送会社の中継地点を通過。オレゴンは西海岸。東海岸のショップへのオーダーであれば、かなりの配送距離となりますので、しっかり1週間はかかってしまいます。しかしエクスプレスを選べば航空便、または急ぎのトラック便にお荷物がのりますので、早くて次の日、または23日で届きます。ただし、通常の普通配送にくらべて送料が倍以上違ってしまうのが現状です。

TOP

 

日本で発行されたクレジットカードが使えない

  日本で発行されたカードは利用できない場合があります。

アメリカ国内で発行されたクレジットカードは全てコンピューター上にて信用調査が可能です。日本で発行されたカードはそれができない為、オーダーを受け付けてくれない場合があります。
                    
仕方ないといえば仕方ないのですが、初回のオーダー、又は額の大きいお買い物の場合、相手側は信用調査を要求してきます。お客様へ「インフォメーションが欲しい、その間オーダーは保留にしておきます」というメールがショップから届く事があります。その場合、ご自分で応対できない場合は必ずカスタマーサービスまで連絡お願いいたします。

メールが届くとショップ側の担当者がアメリカから直接日本のカード会社に連絡をいれてご本人様か確認するのですが、あいにくカード会社に英語の話せる人がいないともうそこで残念ながらぐキャンセルされてしまう事があります。また発行された国が日本だからという理由のみでクレジットカードが利用できないショップもあります。これは親切なショップであればオーダーしてすぐに「受け付けられない。」というメールが届きます。通常のショップは、何の連絡もなくキャンセルにしてしまいます。しかし、アメリカは不思議な国でなぜかそんなショップでも運がいいと受理されることもあります。理由は全くわかりません。不思議大国アメリカです。

TOP

 

個人輸入を楽しむコツ

  焦らずにいきましょう!

いくら簡単だから、安心できるからといっても「納期」を完全に求める場合は「個人輸入」に向いていないかもしれません。リラックスして楽しみながらお目当てのお荷物を待つ事ができる。そんな方でないと、「個人輸入」は楽しくないかもしれません。

楽しむ為に、リラックス、のんびりムードでお買い物しましょう。
「必ず**までにほしい」など、納期が確定されているお買い物は避けた方がいいかもしれません。余裕をもってご注文ください。

●慌てないで大丈夫!

慌てても結果は同じです。落ち着いてくださいね。大丈夫。ちゃんと対応すれば問題ないのです。当社ではご注文いただいたお客様にはできる限りのご協力をいたしますので、ご安心くださいませ。

TOP

 

大切なショップ選び!

  いい加減なショップがある事をお忘れなく!

お客様は、商品を当社から購入するわけではありません。当社はお客様とアメリカンショップとの仲介に入り、お荷物を受け取り、転送するサービスです。その為にも『ショップ選び』が大切となります。

アメリカは日本と違い色々な人がいます。考え方も違えば、宗教、習慣も違います。いい人もいれば悪い人もいます。有名ブランド、デパート、有名ショップ以外での、安心できるサイトの見極め方、注意事項としてとして以下の事項にご注意ください。
                   
 .轡腑奪廚離▲疋譽垢狼載されてるか。PO BOXは私書箱みたいなもので実態がないのも同然ですので要注意です。
◆‥渡暖峭罎竜載はあるか。これは必ず注意してください
 支払いの画面がオンライン上でSSLがかかっているか?SSL技術を使用したサイトかどうか確認してください。
クレジットカード情報はネット上でSSLがかかっていないと簡単に漏れます。必ず確認してください。
見分け方としましてはページのアドレスがhttps://になっているか、または画面の右下に鍵のアイコンが現れます。

ぁ.スタマーサービスは存在しているか確認しましょう。
ァ〇拱Гな法や、返品方法など詳しく記載されているか確認しましょう。
Α_饉匈詰廚筌汽ぅ箸砲弔い討寮睫世あるか確認しましょう。
А.侫蝓璽瓠璽襪離▲疋譽垢鰺用しているショップはやめましょう。
─.泪諭璽ーダーを送るなどの支払い方法しかないショップはやめましょう。現金をショップへ送る事は絶対にやってはいけません。何かトラブルがあっても代金の回収は不可能とお考えください。


以上の点は最低限ご確認の上、オンラインショッピングをお楽しみください。

TOP

 

オンラインでのクレジットカードの安全性

  安全なクレジットカード。

インターネット上にてクレジットカードを利用するのは不安かもしれません。
しかし、何かの被害にあわれてしまった場合などはお客様が請求時にカード会社に連絡し、支払いを拒否することで、被害を食い止めることができます。
カードでのお支払いを恐れ、現金、小切手、マネーオーダーのみの受付だったりすると、最悪の場合相手のショップから品物が送られてこない、または相手のショップが倒産してしまった場合、現金が戻ってこない可能性があります。
クレジットカードでの支払いだと法律を基に返金、または支払い拒否ができるわけです。このような事も考えてますとクレジットカードでのメリットも大きい訳です。クレジットカードの管理をしっかり行ない、明細を常にチェックしておけばそれほど大きな被害にはあわずに、自分で身を守る事が可能な訳です。 アメリカでは、通販での購入においてはカードでの支払いが一番安全な支払い方法という感覚があります。また、当然ですが、カードを使用する前にお買い物されるショップ、サービスをうける業者が健全なる業者であるかライセンスはもっているか、SSL対応か、会社の実態が明らかになっているかを必ず確認されてからご利用されることをオススメいたします

TOP

 

個人輸入について

  個人輸入の基礎知識

●個人輸入とは?

外国製品を個人で使用する事を目的として、自己、または代行業者を介して海外の通販会社、販売店から商品を購入する事をいいます。海外旅行で購入して持ち帰る品物も個人輸入の範囲となります

●規制、禁止されているもの

(輸入禁止の品物)
あへん、コカイン、ヘロイン、あへん吸煙具、覚醒剤、大麻通貨および証券の偽造品、変造品、模造品公安・風俗を害する書籍類、ビデオテープなど偽ブランド商品家畜伝染病予防法で定める指定の動物、動物を原料とする製品並びに植物検疫法で定める特定の植物およびその包装物等

(規制されている品物)
植物(米、パイナップル、オレンジ等の果物、切花野菜などの他、根についている土も含む)肉製品(生肉、乾燥肉、ハム、ソーセージ、ビーフジャーキーなど)医薬品、化粧品、医薬部外品、医療用具,韓国産の大島紬などの紬類(数量規制)武器(拳銃、ナイフなど)ワシントン条約取引の規制の対象となっている動植物

●食品の輸入の場合

食品衛生法(食品一般)と植物防疫法(穀物、果物、豆類など)家畜伝染病予防法(肉類等)に基づく検査等が義務付けられていますが、ご自分が食する事を目的の場合は免除される場合があります。輸入の量が不自然に多い場合はこれに相当しません。海外では健康食品として売られていても、日本では「薬事法」によって規制を受ける場合もあります。

●お酒の輸入

自己消費をも目的とし個人が輸入する事は問題はありませんが、量が著しく多い場合は個人輸入とみなされない場合があります。

●化粧品、薬の輸入

薬事法で輸入できる量が定められています。1品目24個を超える化粧品は税関で没収されます。
輸入できるだいたいの目安(用法、分量から考えて)
指示を必要とする薬(1ヶ月以内)
ビタミン剤一般(4ヶ月以内)
化粧品、医薬品(24個以内)

●アメリカのDVDについて

DVDには「リージョンコード」という規格が存在します。これは国や地域にとって様々です。アメリカで販売されているDVDは「リージョン1」規格ですので日本での通常の再生機では再生できません。日本で販売されている一般の再生機で再生が可能なのは「リージョン2」「リージョンフリー」この2つの規格に限られます。気をつけて購入しましょう。

【StaRush, Inc. でお取り扱いできない商品】

原則的に配送会社が取り扱いを拒否するものはすべて配送できません。ご了承くださいませ。
輸入禁止されているものは勿論ですが、以下のものはお取り扱いできません。

コピー商品、偽ブランド
これらを所持する事は違法となります。また輸入した場合は税関で没収されます。多くの商品が有名ブランドのコピーを取り扱ってますので購入の際はお気をつけください。

銃関連商品
StaRush, Inc.では一切銃刀法に関連するものはお取り扱いできません。また、ナイフなどいかにキャンプ用やレジャー用であってもお取り扱いができません。他、レーザーサイトやおもちゃであっても配送会社自体が配送を自粛している商品に関して、全てのお取り扱いができません。

スプレー商品
スプレー商品は「高圧ガス規正法」を受ける場合がありますし、配送段階にて危険ですのでお取り扱いできません。(全てのスプレー商品は配送会社に取り扱い拒否されます)

日本で未承認の薬品、ワクチン
日本で未承認の薬品の輸入は「薬事法」の規制を受けます。ライセンスや許可書を所持しなくては輸入できません。また未承認でなくても「ワクチン」関連の輸入はライセンスがなくては輸入できません。

TOP

 | ホーム |